病気になったら放置せずに病院へ行って治療を受けるようにしよう

医師と看護師

知りたい症状

インプラントを使った聴神経腫瘍の治療法が登場しています

聴神経腫瘍の治療法では、昨今新しい方法が取り入れられつつあります。それがインプラントを使った治療法です。この治療法では、特殊な機器を聴覚神経の部分に設置し聴覚機能を復活させます。聴神経腫瘍を切除し、その後にこういったインプラントを埋め込む訳です。こういった治療法は、主に聴神経腫瘍が両側の耳に発生している場合などに行なわれています。日本では治療が可能な医療機関はかなり限定されますが、聴神経腫瘍の新しい治療法として高い関心を得ており、今後はこういったインプラントを使った治療法が普及していくと考えられます。聴神経腫瘍の問題点である聴覚を再び得られるという点が、このインプラント治療の大きなメリットです。

治療を行う医療機関をまずは探してみましょう

インプラントを用いた治療の可能な医療機関は、現時点では未だ少ないのが本当の所です。ですのでこういった治療法を希望する場合には、担当医に相談し医療機関の紹介を受けるのが一つの方法と言えます。又、最近ではインターネットを始めとする情報サービスも充実していますので、そういった媒体を参考に直接医療機関に問い合わせてみることも可能です。この治療法は、日本では健康保険の適用とはならないため、全額自己負担となります。従ってそういった費用面についても予め情報を集めておくことが必要なのです。使用する医療器具によっては、海外からの個人的な輸入をしなければならないこともあります。